岩下 徹 Iwashita Toru

岩下 徹 Iwashita Toru

岩下徹プロフィール

舞踊家/即興ダンス、山海塾舞踏手。
ソロ活動では〈交感(コミュニケーション)としての即興ダンス〉の可能性を
追求。 1957年東京生まれ。82〜85年石井満隆ダンスワークショップで即興を学び、83年ソロ活動開始。
かつて精神的危機から自分のからだを再確認することで立ち直ったという
経験を原点とするソロダンスは、 等身大のからだひとつで立つことから始まり、場との交感から生まれる即興として踊られる。
1988年より滋賀県/湖南病院(精神科)で医療の専門スタッフと共に
ダンスセラピーの試みを継続中。 日本ダンスセラピー協会顧問。
京都造形芸術大学、桜美林大学、神戸大学、滋賀県立総合保健専門学校
非常勤講師。日本即興協会会員。
(財)地域創造/公共ホール現代ダンス活性化支援事業登録アーティスト。
ワークショップ 公演などに関するお問い合わせ

Toru Iwashita

Butoh and improvisational dancer. Butoh performer with Sankai Juku dance troupe. Pursuing the potential of improvisational dance as communication on an individual basis. Born Tokyo 1957. Studied improvisational dance at Mitsutaka Ishii workshops 1982 - 85. First solo performance in 1983. In solo dance, which begins in the experience of reconfirming one’s own physical presence in the midst of psychological crisis, it is possible to dance improvisationally, as an emotional interaction with where you are, starting from one’s own life-size body standing there. From 1988 continuing to try dance therapy along with specialists at the psychiatry department at Konan Hospital in Shiga Prefecture. Advisor to Japan Dance Therapy Association. Member Japan Improvisation Association. Part-time lecturer at Kyoto University of Art and Design, J. F. Oberlin University, Kobe University.